自分を知る



エニアグラムとは、「9つの点を持つ図形」という意味で、人間の性格を9つのタイプに分けて捉えています。
その起源は、古代ギリシャ哲学まで遡ると言われ、古代からの思想や哲学と現代の心理学とを融合したものです。


自分の性格タイプは一つですが、人はそう単純なものではなく、様々な側面をもっています。ストレスのある時か調子の良い時かによっても、人としてどれほど成熟しているかによっても、表れる面は異なります。診断の結果を目安として、自分自身を深く省みて、自分はどのような性格なのか、見極めてもらえればと思います。

そして、自分と異なる価値観、動機をもつ人達が、世の中には多くいることを知ることが大切です。それは、良し悪しではありません。様々なタイプの人達が活かし合い、支え合いながら、世の中は回っていることを、忘れないことです。

目的は、人のラベリングではなく、自らの成長の一環として役立てて頂くことにあります。誰もが、多くの可能性を秘めています。



( 回答のしかた )
設問は、9つのタイプごとにそれぞれ1ページ20問、全部で9ページ180問あります。自分に当てはまると思われる設問について、あまり深く考えず、素直にチェックして下さい。9ページまでの設問を終えると回答は全部完了です。